Sake Brewery

浪乃⾳酒造

蔵元三兄弟による小仕込みに徹した丁寧な酒造り
200年以上の伝統を受け継ぎつつ、新たな試みも

浪乃⾳酒造
  • この記事をシェアする

次世代が造る新銘柄「Te to Te」も話題

「浪乃⾳」の名のごとく琵琶湖のほとりにあり、200年余りの歴史を数える老舗酒蔵です。

浪乃⾳酒造

浪乃⾳酒造

伝統を守りながら新しいことに取り組む「古壷新酒(ここしんしゅ)」という理念のもと、十代目蔵元の中井孝さんと弟さんの三兄弟によって、小仕込みならではの丁寧な酒造りを行なっています。

浪乃⾳酒造

能登杜氏・金井泰一さんから技術を受け継いだ、上品な甘みと旨みのある味わいが「浪乃⾳」の持ち味。酒米は山田錦、雄町、愛山を中心に使用。滋賀県の独自品種・渡船の旨みを引き出したラインナップも揃います。

浪乃⾳酒造

このたび新たに孝さんの息子の充也さんが蔵に入り、みずみずしい感性で造った「Te to Te」が2022年にデビュー。日本酒が初めての人でも飲みやすいフルーティーな味わいで評判を呼んでいます。

浪乃⾳酒造

蔵の直売所では毎月第4金・土曜日には量り売りを開催。ここでしか手に入らない限定酒や季節の酒を楽しみに人々が訪れる名物イベントです。

この酒蔵の銘柄一覧

浪乃⾳酒造

浪乃⾳酒造

創業
1805年(文化2年)
代表銘柄
浪乃⾳
住所
滋賀県⼤津市本堅⽥1-7-16
TEL
077-573-0002
HP
https://naminooto.com/

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

Sake World NFT