編集部が飲む!

2024年は辰年!ハレの日にふさわしい華やかで柔らかな純米大吟醸酒「 昇龍乃舞(平田酒造・岐阜)」をレビュー

おすすめの日本酒をSake World編集部がレビューする企画「Sake World編集部の推し日本酒」。
今回は、辰年にちなんで岐阜・飛騨高山の[平田酒造]の「昇龍乃舞」。奇跡の米“イセヒカリ”で醸す「昇龍乃舞 純米大吟醸」と“山田錦”で醸す「昇龍乃舞 白 純米大吟醸」の2種類をじっくり堪能しました。

  • この記事をシェアする

「酒は醸し育てるもの」をモットーに掲げる[平田酒造]

江戸時代に岐阜・飛騨高山で鬢付け油とろうそくを商う店に始まり、明治期に酒造に転業。良い日本酒は天から恵まれた気候風土と蔵人の和によってもたらされるとして、「酒は醸し育てるもの」をモットーに掲げる。伊勢と飛騨にルーツを持ち、少量仕込み丁寧な造りにこだわる。

関連記事はこちら

28年熟成酒がSake World NFTに登場!
飛騨高山「平田酒造場」
丁寧に醸される酒造りに密着
♯岐阜♯NFT♯酒蔵

奇跡の米“イセヒカリ”で醸す「昇龍乃舞 純米大吟醸」

1989(平成元)年に伊勢地方に大きな被害を出した台風の中、たった2株残った稲が元になった“奇跡の米”「イセヒカリ」で醸す純米大吟醸。
イセヒカリを30%まで磨き、飛騨高山の清らかな伏流水でじっくり醸す。メロンやリンゴを思わせるフルーティーな香りとさわやかな酸味が魅力。すっきりとしたボディとドライな味わいは食中酒におすすめ。2023年「インターナショナルワインチャレンジ」日本酒純米大吟醸部門銀賞、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」プレミアム大吟醸部門金賞など数々の賞に輝く。

商品名:昇龍乃舞 純米大吟醸
(しょうりゅうのまい じゅんまいだいぎんじょう)
原材料:米、米こうじ
アルコール度数:16%
精米歩合:30%
容量:720mL
味わい:中甘口
価格:1万円
NFT購入ページ:https://nft.sakeworld.jp/collections/14

編集部がテイスティング!清らかで繊細な味わいに感動

和紙のような素材感のある箱は特別感があり、贈り物にも喜ばれそうです。

【日本酒好き】
「目を見開くほどメロン!な香り。フレグランスかと思ってしまうほどフレッシュで果実感のある上立香。口に含むと、香りとは裏腹に甘み・酸味は控えめですね。甘露水を思わせる様な清らかで繊細な味わいですいすい飲めてしまいます!アテがなくても飲み続けられてしまうほど口当たりが柔らかいです。
ほどよいミネラル感がクセになり、まさに『スレンダーなボディとドライな味わい』。看板に偽りなしとはこのこと!」編集部員O.I(毎日何かしらのお酒を飲むお酒好き。宅飲みも外飲みも好き。推し日本酒はくどき上手)

【日本酒初心者】
「酸味が感じられるフルーティーな匂いで、口に含むと飛騨山脈の清らかな天然水を思わせるようなまろやかでミネラル感のある口どけに感動しました。後味に嫌な感じも残さずスッと消え、飲みやすいお酒でした。黒に金色の文字でのラベルがとてもかっこよく、高級感を感じます。」編集部員S.K(日本酒初心者。普段はほろよいを嗜む程度)

「クセがない上品な味わいで、とても飲みやすいです。そのままでも美味しい。」編集部員T.Z(日本酒初心者。普段は余りお酒を飲まない)

最高の食中酒を目指して造られた「昇龍乃舞 白 純米大吟醸」

酒米は“山田錦”、使用酵母は“9号酵母(熊本酵母)”、精米歩合35%と、かつて全国新酒鑑評会で金賞が獲りやすいとされていた”YK35”規定にこだわり最高の食中酒を目指して造られた。香りのみならず、味わいをしっかり重視して醸された旨口タイプの純米大吟醸酒。バランスのよい中取りの雫酒で、上品で飲み飽きしない。

商品名:昇龍乃舞 白 純米大吟醸
(しょうりゅうのまい しろ じゅんまいだいぎんじょう)
原材料:米、米こうじ
アルコール度数:16%
精米歩合:35%
容量:720mL
味わい:中甘口
価格:6000円
NFT購入ページ:https://nft.sakeworld.jp/collections/14

編集部がテイスティング!甘みと酸味のバランスが抜群

【日本酒好き】
「林檎や桃のような瑞々しく広がりのある香り。口に入れると上品な果実感がじゅわっと染み渡ります!甘みと酸味のバランスがよく、お米だけで出来ているとは思えないほどフルーティー。それでも後味のキレは綺麗で、料理の香りや味を引き立ててくれます。」編集部員O.I(毎日何かしらのお酒を飲むお酒好き。宅飲みも外飲みも好き。推し日本酒はくどき上手)

【日本酒初心者】
「味わいは、りんごやメロンを連想させる味わいでキレがあり、軽やかで飲みやすいお酒でした。食中酒として作られたとのことですが、本当にどんな料理にもあう飲み飽きしない味でした。ラベルは白い瓶が上品な印象で、龍って格好いいイメージですが女性への贈り物にも良さそうだなと感じました。」編集部員S.K(日本酒初心者。普段はほろよいを嗜む程度)

「キレがあり華やかでした。米の旨みも感じられ料理の邪魔をしない純米大吟醸酒。」編集部員T.Z(日本酒初心者。普段は余りお酒を飲まない)

編集部の調査によると、フルーティーさとミネラル感が初心者でも飲みやすいのが「昇龍乃舞 純米大吟醸」。キレがあって食中酒としておすすめなのが「昇龍乃舞 白 純米大吟醸」なのかなと思いました。
共通して言えるのは、タイプは違うのですがどちらにも華やさと柔らかさが感じられること。性別や年齢問わず飲みやすい日本酒だと感じます。双龍を描いたラベルは着物の家紋入れ職人・紋章上繪師の手によるものらしく、ハレの日にふさわしい贅沢な一本でした。

特集一覧はこちらから
https://sakeworld.jp/special/

平田酒造場

平田酒造場

創業
1895年(明治28年)
代表銘柄
飛騨の華、昇龍乃舞
住所
岐阜県高山市上二之町43Googlemapで開く
TEL
0577-32-0352
HP
https://h-sake.jp/
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

Sake World NFT