Sake Brewery

城陽酒造

木津川の豊かな伏流水で仕込む
「飲み飽きしない食中酒」
徹底した品質管理で保たれる搾りたての味わい

城陽酒造05
  • この記事をシェアする

熟練の蔵人による小仕込みの丁寧な酒造り

城陽酒造のある京都府南部の山城地域は地下水に恵まれ、地下100mから汲み上げる軟らかな木津川の伏流水は酒造りに最適です。

城陽酒造04

山田錦や祝、五百万石などの酒造好適米を全量使用して、蔵人たちが小仕込みで手と目で確かめながら醸す日本酒は、米本来の旨みがしっかり。料理に寄り添い、飲み飽きしない味わいと評判です。

城陽酒造02

また搾りには圧をかけずに無濾過のまま素早く瓶詰めし、湯煎による瓶燗を一度のみ。さらに冷蔵での瓶貯蔵など管理を徹底することで、搾りたてのようなフレッシュな風味が長く楽しめるのも特徴です。

城陽酒造01

近くには名高い青谷梅林があり、固有品種の城州白という梅を使った長期熟成の梅酒も人気が高く、併設の直売所で購入できます。

城陽酒造07城陽酒造06

城陽酒造株式会社

城陽酒造株式会社

創業
1895年(明治28年)
代表銘柄
城陽
住所
京都府城陽市奈島久保野34-1Googlemapで開く
TEL
0774-52-0003
HP
https://joyo-shuzo.co.jp/

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

日本酒を買う 記事一覧