Shop & Restaurant

OBENKEI 京都祇園店

京都祇園白川「OBENKEI」で新潟の地酒と気軽に味わう寿司・天ぷら・一品メニュー。

新潟の地酒とズワイガニが一度に堪能できるお店が祇園にオープン! 1階と2階でお店が分かれており、1階は個室で本格カニ会席を、2階はカウンターやダイニングでお寿司や天ぷらなどを気軽に楽しめる。

  • この記事をシェアする

 1. 新潟直送の海の幸と地酒が堪能できる店

2023年11月27日に、石畳の風情溢れる祇園・白川沿いにオープンした[カニカニランド]と[OBENKEI]。佐渡島発祥の寿司グループ「弁慶」は新潟県内や首都圏、海外に店舗を構えているが、今回の2店舗は西日本初出店となる。

1階の[カニカニランド]では、身が詰まった大きな新潟産本ズワイガニを生け簀から自分で選び、焼き・茹で・刺身などいろんな食べ方でカニを余すことなく味わえる。
2階の[OBENKEI]は、まろやかで香り豊かな赤酢のシャリと新潟の鮮魚で握ったお寿司をはじめ、天ぷらや炭火焼きなどカジュアルスタイルの「おつまみ」メニューが充実。両店舗とも新潟の地酒が楽しめるとあって、地元・観光を問わず客層も幅広い。

2. 活ずわい蟹の多様な食べ方に舌鼓

お店で食べられるカニは全てタグ付きの厳選されたもの。おうちでは茹でて食べるのが一般的だが、生け簀から取り出しその場で調理されたカニは身のふっくら度合いが格別だ。味付けはせず、新鮮なカニの甘みを堪能して

活ずわい蟹しゃぶしゃぶ
活蟹量り売り800g 20000円~
お刺身で食べられるほど新鮮なカニ身は火を通しすぎないのがポイント。あっさりとした白だしにさっと身をくぐらせるだけで一気に甘みが凝縮され、とろとろ食感が楽しめる。

活ずわい蟹の炭火焼
活蟹量り売り800g 20000円~
炭火で少し焦げ目ををつけるとカニに香ばしさが加わり、旨み・甘みがより一層引き立つ。隣でグツグツさせたカニ味噌を付ければそれだけで何杯も飲めてしまう酒肴に大変身。

甲羅酒継ぎ酒 一合770円
煮詰めたカニ味噌に日本酒を継ぎ足して味わうなんとも贅沢な一杯。甲羅酒に使用するお酒は新潟県・佐渡市のお酒「金鶴」だ。カニ味噌由来の磯の風味はそのままに、日本酒が旨みをさらに引き伸ばす。まるで温泉に浸かっているような飲み心地。

4. 気軽に寿司、天ぷら、一品を

2Fの[OBENKEI]は佐渡直送の鮮魚を堪能できる宴会コースやお造りの盛り合わせ、天ぷら、一品がズラリ。昼は日替わりランチも用意されており、観光ついでに気軽に訪れることができる。

寿司は職人が一貫一貫握る。佐渡沖でとれた日本海の幸や旬素材と香り高い赤酢は絶妙なハーモニー。また刺身や天ぷら、一品も豊富にラインナップしている。

おまかせ5貫セット上 1650円
丹波地鶏の炭火焼き 1650円

4.カニに合わせたい淡麗辛口な新潟酒

新潟のお酒が中心で、ポピュラーなお酒からレア酒までを幅広く取り揃える。日本酒は常時8種類ほどあり、価格は一合770円〜1980円と様々。
2店舗を営む弁慶グループの代表・小崎和彦さんによると、カニに合わせるのは、カニの香りを邪魔せず旨みを存分に引き出してくれる純米酒系がおすすめだとか。

金鶴 本醸造 一合770円
加藤酒造店(新潟県佐渡市)、アルコール度数15.6度、精米歩合(麹米)60%、(掛米)65%
佐渡での人気が高く、燗してよし冷やでもよしの万能酒。すっきりとしたキレのあるお酒で飲み口がキュッと締まり、まったく飲み飽きしない。
カニ酢を思わせるほどよい酸味がカニの旨みをより引き立てる。飲みごたえがあるにも関わらず、食事の邪魔をしないので食中酒にもってこいの一杯。そのままでも十分美味しいがぜひ甲羅酒で試してみて。

至 純米吟醸 一合880円
逸見酒造(新潟県佐渡市)、アルコール度数16度、精米歩合55%
フルーティーな香りと優しい甘みが特徴で、バランスの取れた一本。佐渡の自然の恵みを活かしたこちらの純米吟醸は上品な味わいながらも手が届きやすい価格なのも嬉しい。
お米の甘みや旨みがしっかり感じられるため、合わせる食事を選ばない。お刺身と合わせるのはもちろんぜひ赤酢のシャリを使ったお寿司と合わせていただきたい。

鄙願 大吟醸 一合1,980円
大洋酒造(新潟県村上市)、アルコール度数15度、精米歩合45%
「大洋酒造」と「酒・ほしの」が協力して生み出したプライベートブランド。新潟県内でもほとんど手に入らない超レア酒だ。四季折々、お料理に合わせた4種類を展開しており、冬の鄙願以外は副題が付く。
冬のお料理に合わせるため、あっさりとした味わいが特徴。大吟醸と思えないさらっと感と柔らかい喉越しで、料理を上品な味わいに仕上げる。このお酒を飲むためにお店を訪れたいほど。

4. 肩肘張らずにふらっと来て欲しい

1階の[カニカニランド]と2階の[OBENKEI]は、シーンに合わせてお店を使い分けられるのもありがたい。ちょっと特別な日は1階でカニ会席を、気軽に美味しいお寿司を食べたい日は2階の利用がおすすめ。
絵になる祇園エリアにありつつも、予約なしでふらっと入店できるのも嬉しい。
今後はさらに新潟のお酒を取り揃える予定だそうで、「新潟の酒が飲める店」として祇園の街に根付くにちがいない。

 

OBENKEI京都祇園店

住所 京都府京都市東山区元吉町67 2F (白川筋入口)
営業時間 11:00〜15:00 / 17:00〜22:00
電話 075-585-4830
定休日  水曜 ※水曜日が祝日の場合は翌木曜日
HP https://sado-benkei.com/kyoto-gion/

カニカニランド

住所 京都府京都市東山区元吉町67 1F (新橋通入口)
営業時間 11:00〜15:00 / 17:00〜22:00
電話 075-585-4820
定休日  水曜 ※水曜日が祝日の場合は翌木曜日
HP https://sado-benkei.com/kyoto-gion/

OBENKEI 京都祇園店

住所
京都府京都市東山区元吉町67 2F (白川筋入口)Googlemapで開く
TEL
075-585-4830
HP
https://sado-benkei.com/kyoto-gion/
営業時間
11:00〜15:00 / 17:00〜22:00
定休日
水曜 ※水曜日が祝日の場合は翌木曜日

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

日本酒を買う 記事一覧