Event・News

新潟県「猪又酒造」の
純米酒「サビ猫ロック」に
公式ソングが誕生!

  • この記事をシェアする

新潟県「猪又酒造」の純米酒「サビ猫ロック」に
公式ソングが誕生!

シンガーソングライターのUinaが、新潟県糸魚川市「猪又酒造」の純米酒「サビ猫ロック」に公式ソングを提供。日本酒の美味しさをもっとたくさんの人達に知ってほしい、酒蔵を応援したいという思いを込めた公式ソングがダウンロードできる二次元コードつきの「サビ猫ロック」の販売が2023年8月8日(火)にスタート。

【1週間で完売した日本酒「サビ猫ロック」の公式ソングを制作】

シンガーソングライターUinaは、日本酒を盛り上げたいと日本酒シンガーとして活動。2019年から全国の飲食店で、食と酒と音楽の三位一体のライブイベントを行っている。Uinaの地元山口県を代表する日本酒「獺祭」のイメージソングを制作し、2017年に旭酒造公認でリリースしている。

そして新潟県糸魚川市にある猪又酒造の純米酒「サビ猫ロック」の公式ソングを制作。世界猫の日の8月8日にラベルにある二次元コードから曲がダウンロードできる「サビ猫ロック」の販売が開始された。
「サビ猫ロック」は猪又酒造の看板猫あんこがモデルの、猫と音楽と日本酒を愛する人々に捧げるオルタナティブ純米シリーズの商品。斬新なアイディアとラベルが話題となり2016年発売初年度は限定1,000本が1週間で完売してしまった人気の日本酒。
今回の公式ソング制作のきっかけは、猪又酒造とのコラボレーションライブイベント。ステージドリンクとして振る舞われた「サビ猫ロック」の味わいに魅了され、すぐに社長に掛け合い曲を作る事になったとのこと。

【ニャーから始まるオリジナルな1曲】

「サビ猫ロック」公式ソングはラベルのモデルとなっている看板猫あんこの掛け声から始まるオリジナルな1曲に仕上がっている。まさに猫と音楽と日本酒を愛する人に捧げる「サビ猫ロック」にぴったりマッチするサウンド。猪又酒造代表の声「最初の一杯にはハードルが高いイメージがある日本酒ですが、音楽と日本酒のマリアージュでそのイメージを払拭できたらいいな、と曲を聴きながら強く感じています。」

Uinaの声「『サビ猫ロック』をステージで一口飲んだ瞬間、演者のボルテージが上がったことを覚えています。お酒を飲むから歌いたくなるのか、音楽を聴くから酔いどれるのか、もはやどちらがどちらではなくワクワクを届けたい気持ちは両者共通だと制作を通して感じました。ぜひ、『サビ猫ロック』を聴きながら『サビ猫ロック』をたしなんでほしいです。」今後もイベントに加え、日本酒のイメージソングや公式ソングの制作に積極的に挑戦し、日本酒シンガーとしての活動を続けていく。

《サビ猫ロック 商品概要》

毎年世界猫の日の8月8日に発売。

サビ猫ロック 赤サビ PHASE2 720ml/1,793円(税込)
サビ猫ロック 黒サビ PHASE2 720ml/1,991円(税込)
サビ猫ロック 銀サビ PHASE2 720ml/2,750円(税込)

*売上金の一部は動物保護活動へ寄付。

サビ猫ロック公式ソング 255円(税込)

商品案内: https://www.tsukimizunoike.co.jp/item/item_cat/tortoiseshell-cat/

サビ猫ロック公式ソング配信サイト: https://linkco.re/UHhfhpnb

【会社概要】
会社名 : Uina Sound on-Demand ユイナサウンドオンデマンド
代表  : 小川 結奈
事業内容: 楽曲制作
URL   : https://uina.jp/

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

日本酒を買う 記事一覧