Event・News

搾りたての生原酒で、春のはじまりを祝う「立春朝搾り」の予約を1月24日(水)まで受付中!

2月4日の立春の日に搾りあげた生原酒を、その日のうちに楽しめる「立春朝搾り」。酒屋さんが地域の蔵元まで足を運び、神主さんのお祓いを受けた酒が手元に届く。春の到来を生まれたての新酒で祝おう。

  • この記事をシェアする

旧暦のお正月にあたる2024年2月4日(日)は立春の日。
春の始まりを祝うめでたい日に、朝に搾りあげた生原酒が、その日のうちに届く「立春朝搾り」の予約受付を実施している。締切は1月24日(水)まで。全国43蔵元が参加し、日本名門酒会に加盟する酒販店で限定販売される。

「立春朝搾り」は節分の夜から一晩中、醪(もろみ)を搾り続け、立春の早朝に搾りあげたもの。一切火入れをしない生酒の原酒である。生まれたての酒そのままのフルーティな香気と、躍動感あふれる味わいが魅力。当日に蔵元近郊の酒屋さんが直接蔵から持ち帰り、神主さんのお祓いを受けたものをその日のうちに届ける。

「その地域の人々が一緒に春の到来を祝う」という地酒ならではの意味合いも込められており、地域の酒を造る人・届ける人・飲む人を繋ぎ、ともに酒を楽しむ人たちを繋ぐ酒でもある。生まれたての新酒で、生まれたての春を皆で祝おう。

立春朝搾り

オフィシャルサイト
https://www.meimonshu.jp/

イベント・ニュース一覧はこちらから
https://sakeworld.jp/event/

INFORMATION

イベント名
立春朝搾り
販売日
2024年2月4日(日)
※基本的に予約販売のみ
予約締切日
2024年1月24日(水)
料金(参考本体価格)
720ml 1980円(税込)
販売箇所
立春朝搾りに参加する日本名門酒会加盟の酒販店
※詳細はオフィシャルサイトを参照
問い合わせ
日本名門酒会本部(03-3663-0330)

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

日本酒を買う 記事一覧