Event・News

お屠蘇の新しい形「ネオお屠蘇」が2024年1月31日(水)まで東京・新橋で味わえる

東京・新橋にある[日本の酒情報館]では、正月の祝い酒お屠蘇を「ネオお屠蘇」という新しい形で2024年1月31日(水)まで提供する。

ネオお屠蘇
  • この記事をシェアする

東京・新橋にある[日本の酒情報館]では2024年のお正月を迎えるにあたり、古来より日本で正月の祝い酒として飲まれてきたお屠蘇を「ネオお屠蘇」という新しい形で提供する。有料試飲の期間は2024年1月31日(水)まで。

今年は常温の「味醂ベースのオーセンティックなお屠蘇」と、燗の「颯茶と貴醸酒をベースにカルダモンを加えたネオお屠蘇」の2種類を用意。

「味醂ベースのオーセンティックなお屠蘇」は、とろりとした本格味醂に、甘草・紅花・桔梗・浜防風・蜜柑皮など10種類のスパイスをミックスした屠蘇散を浸して作った日本の伝統的なお屠蘇に仕上がっている。

「颯茶と貴醸酒をベースにカルダモンを加えたネオお屠蘇」は、香り高い微発酵茶に貴醸酒をミックスして温めたものに、スパイスの女王と称される爽やかな香りのカルダモンシードを加えたモダンなお屠蘇。「伝統とモダン」趣きの異なる2つのお屠蘇を味わいながら、一年の計を立ててみては。

ネオお屠蘇

公式HP
https://japansake.or.jp/JSScenter/
イベント・ニュース一覧はこちらから
https://sakeworld.jp/event/

INFORMATION

イベント名
日本の酒情報館「お屠蘇」
開催日時
~2024年1月31日(水)10:00~18:00
※土・日曜、祝日、年末年始休
料金
味醂ベースのオーセンティックなお屠蘇(常温)、颯茶と貴醸酒をベースにカルダモンを加えたネオお屠蘇(燗)いずれも1杯300円
会場
日本の酒情報館(東京都港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1F)
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」から徒歩3分、千代田線「霞ケ関駅」から徒歩4分、都営地下鉄三田線「内幸町駅」から徒歩3分
問い合わせ
日本の酒情報館(03-3519-2091)
MAP

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

日本酒を買う 記事一覧