日本酒とお店

長野駅の[信州くらうど]で買える!お土産におすすめな日本酒5選

信州くらうど
  • この記事をシェアする

酒蔵数が全国2位で、地酒王国としても知られる長野県。

県内約70蔵元の日本酒が並ぶ[信州くらうど]の店長・松下さんに、お土産におすすめな日本酒を教えてもらった。

“信州の醸造醗酵文化を伝える店”としてオープン

JR長野駅直結の[MIDORI 長野]リニューアル時に“信州の醸造醗酵文化を伝える”というコンセプトのもと開店。お酒を中心に味噌、醤油、漬けものなど充実の品ぞろえ。

信州くらうど

信州くらうど

特に力をいれているのが日本酒とワインで、日本酒に関しては蔵元とコラボしたオリジナル日本酒「透の音」を年に一度販売している。地酒を飲み比べできる立ち呑みバーもあり、日本酒好きにはたまらない。

この記事の紹介者はこちら

信州くらうど
店長 松下昌靖さん
プロフィール
上伊那郡中川村出身。「信州くらうど」の立ち上げ当初から店長として店づくりに邁進。日本ソムリエ協会認定 ソムリエと酒ディプロマの資格をもつ。

長野のお酒の魅力って?

「キレイな水が育む美しいお酒をみなさん作られていて、さらに各々の酒蔵ならではの日本酒の味を追求し続けているのが魅力です。」と松下さん。

信州くらうど

2021年と2023年に世界的なワイン品評会「IWC」のチャンピオン酒に輝いたのは長野県の日本酒だ。

「長野全域でお酒づくりがされているので、環境はそれぞれ違いますが評価される技術をどの酒蔵さんも持っておられます。長野県でこんなに短い期間で2回受賞しているなんて、本当に素晴らしいですよね。」

長野土産におすすめな日本酒を聞いてみた!

お土産におすすめな日本酒を聞いたところ、味わいの特徴だけではなく酒蔵さんの魅力も一緒に教えてくれた。

信州くらうど

松下さんに日本酒紹介をしてもらったら、普段お酒に馴染みがない人もきっと興味を持つはず。

水尾 純米吟醸

水尾 純米吟醸 2110円
田中屋酒造店(長野県飯山市) アルコール度数15度 精米歩合49%

長野県産金紋錦100%使用。華やかな香りと金紋錦ならではのコクの深さが魅力。

松下さん「当店で一番人気の日本酒です。幻の酒米である金紋錦を使ってお酒づくりをされていて、地元の人も好きな人が多いですね。お米のふくよかさと複雑みが活かされている日本酒です。」

信州くらうど

■Beau Michelle 1320円
伴野酒造(長野県佐久市)アルコール度数9度 精米歩合60%

低アルコールで、甘酸っぱい新感覚の日本酒。上品な味わいは女性にも人気。

松下さん「日本酒らしい味わいが苦手と思っている方にこそ飲んでもらいたい!日本酒の印象を大きく変える1本。ブランドテーマが“心がすこしオドル酒”で、心がウキウキ、ワクワクするような素敵なお酒です!」

信州くらうど

■御湖鶴 純米吟醸 山恵錦 無濾過生原酒 2200円
諏訪御湖鶴酒造場(長野県下諏訪町)アルコール度数16度 精米歩合50%

長野県産山恵錦100%使用。搾ったままのお酒をすぐに瓶詰めしているので、搾りたてならではのフレッシュ感とフルーティーさが感じられる。

松下さん「長野で近年開発された山恵錦という、今注目のお米が使われています。この銘柄がズバリではありませんが、2021 IWCチャンピオン酒にも輝いた世界的に評価されている日本酒です。」

信州くらうど

■真澄 漆黒 純米吟醸 1780円
宮坂醸造株式会社(長野県諏訪市)アルコール度数15度 精米歩合55%

辛口が好きな人におすすめで、クセのない軽快なキレが料理の味を引き立てる。

松下さん「日本のお酒づくりに貢献した七号酵母が見つかった、長野県民として大変誇らしい蔵。今まさに原点回帰とも言える七号酵母だけで醸す酒造りに挑戦されています。酒蔵さんのことを知った上で飲んでもらいたい日本酒ですね。」

信州くらうど

■透の音6th 純米吟醸酒 1790円
伴野酒造(長野県佐久市)アルコール度数16度 精米歩合60%

長野県産ひとごこち100%使用。県内蔵元の協力による店舗オリジナル銘柄「透の音」。

松下さん「毎回テーマを設けていて、第6弾は伴野酒造さんとのコラボで『蔵の音』。実直にお酒と向き合われてきた造り手をイメージしたスッキリとした辛口。ラベルは桶が3つ重なっているデザインです。」

利き酒できる!発酵バーを併設

[信州くらうど]では商品の販売だけでなく、立ち呑み処「醗酵バー」も併設。地酒、県産ワイン、地ビールが、おつまみと一緒に楽しめ、観光としても最適だ。

信州くらうど

メニュー表の中から気になる日本酒3種を選ぶ「日本酒利き酒セット お通し付き」800円も用意。秋にはひやおろしが加わるなど、季節によってラインナップも変わるそう。

造り手とお客さんを繋げる存在でありたい

「このお店のブランドビジョンは “信州の造り手応援団”なんです。」と松下さん。

「まず商品が売れることは、メーカーさんやお店さんに対してダイレクトに応援になりますよね。それは前提で、さらにその商品を作っている人はどんな人なの?ということを伝えて、お客さんに知ってもらいたいんです。」

信州くらうど

「ただ造り手を応援するというにはまだ遠い感覚がありますね。今後は酒蔵さんに実際に来てもらうなど、作っている人と消費者のみなさんの接点を増やして、知ってもらう活動を増やしていきたいです。」

日本酒を紹介してもらったときに商品の特徴だけでなく、酒蔵さんの説明をしてくれたのも納得だ。

ここまで造り手さんのことを考えている店でお土産を買えるなんて、購入する側にとっても有り難い。長野に行くときは、信州愛がつまった[信州くらうど]で、とっておきの地酒を選んでみて。

Instagram /@kuraudo_shinshu

特集一覧はこちらから
https://sakeworld.jp/special/

信州くらうど

信州くらうど

住所
長野県長野市千歳1-22-6 MIDORI長野2FGooglemapで開く
TEL
026-219-6139
営業時間
9:00〜20:00(バーは10:00〜19:30LO)
定休日
[MIDORI 長野]の休館日に準ずる

特集記事

1 10
FEATURE

注目の記事

Sakeを買う 記事一覧